2009年01月23日

先週に引き続き今週も外泊

毎週、週末になると自宅に外泊・・
今週は木曜日から月曜日まで・・
入院中の意味があるのか・・・

21日に心臓カテーテル検査をした。
単なる血管に管を入れるだけなので、血液検査程度に考えていたら、さぁ大変!!

まずはお着替え・・全裸になっておふんどし(T字帯)で手術服・・・あぜん・・・
おふんどしはカテーテルが腕から入らない場合に足の付け根から入れるためだそうです。
手術着は動脈に穴を開けるため、ちょっと手をはずすと血が天井くらいまで吹き上げるので服を汚さぬためだそうです。

さて検査場に・・
普通の手術でさえ歩いて行くのにストラッチャーに乗せられ搬送・・
検査台が高い場所にあるため高さが調節できるストラッチャーでないと検査台に上れないからだそうです・・・

腕の消毒が終わり、体中になにかカバーをされ、うでの一部だけがカバーから出ている・・重々しい・・

検査自体はたいしたことはないのですが、途中で画面を制御しているパソコンがフリーズ・・・それも2回も・・・
おかげで検査中断がながかった・・・

検査が終了して「止血」処理・・・
検査の説明の時にしっかり「止血処理をいたします」と言っていたのでどうやっって血管にあいた小さな穴の止血をするのか疑問であった。まさか血管を縫ったりできないし、ビニールテープで血管の周りをグルグル巻きになんて・・・

で・・

けっきょく・・・

ガーゼをあてて上から指で強烈に抑えるだけ・・15分間・・
抑えている助手の先生にこのことを話したら、結局止血はこの方法しかないそうで、抑えているほうは結構辛いらしい。
ちょっと手を緩めると大量出血になるし・・・

15分「止血処理」後ガーゼを固くボール上にして(うずらの卵位)を超超強力なテープでがんじがらめに縛る! さらに腕が曲がらないようにガードをつけて・・
これで一晩おくそうだ・・・
結構、痛いし、辛い・・

検査結果として
3ヶ所の血管が細くなっているようだ・・
心臓手術の必要があるとの判断・・

癌の手術を先にするには、心臓に無理が行き、そのまま戻ってこない可能性が高い・・・
心臓手術を先にすると癌手術は相当後にずれこむ・・
癌は完全な「進行癌」なのでそれも危険・・

で・・
どうなるの?
ワテ・・・


ちなみに心臓手術ってあばら骨を何本か切って心臓をだして、
心臓・肺を2時間くらい止めての手術。。。。

おぃ・・おぃ・・
posted by しーら at 09:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 病気
この記事へのコメント
なんとか、なんとか、助かってください
絶対なんとかなると信じてます
Posted by Naoko at 2009年01月23日 20:58
西洋医学だけじゃなく、東洋医学とか、
もっと不思議な治療方なんかもあるでしょ?
なんとかしましょうよぉ〜
Posted by シロップ at 2009年01月26日 01:22
病は気から
気合いで直す
Posted by むすめっち at 2009年01月26日 18:35
>Naokoさん
本人は意外とサバサバしています。
20代のとき病気で入院して医者にもう駄目と見放されたことがあります。
本人は全然、死ぬ気がないので何故、親戚がみんな見舞いに来るのかと不思議でした。
いきなり熱が下がり治りましたが、相変わらず病名不明、何故治ったか不明です。
そんなもんです、死ぬときゃ死ぬし、今が死ぬときではなければ死なないでしょう(たぶん)


>シロップさん
病院の枕元と机の中には・・
溶かして飲む小さな紙でできたお札・・
パワーストンのお守り・・
カード状の護符・・
ロンとシーラの写真・・
水晶の結晶・・
中国の何かわからんお守り・・

和洋折衷、意味不明・・・
色々ありますわ・・・
誰が持ってくるのか・・


>むすめっち

病は金から・・・
金をくれ♪


Posted by しーら at 2009年01月30日 16:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25810639

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村